2009年10月13日

あぶさん、ついに現役引退


正直まだやっていたんだというのが、このニュースを見ての素直な印象ですね。それにしても、あぶさんが62歳であったこと、そしてまだ現役であった事にびっくりしました。

(記事抜粋:産経新聞)

37年間のプロ野球選手生活にピリオド−。水島新司さん(70)の人気野球漫画「あぶさん」の主人公、あぶさんこと景浦安武選手が5日発売の漫画誌「ビッグコミックオリジナル」(小学館、10月20日号)の中で現役を引退することが3日分かった。作品の連載は続けられる。

同号に掲載されるのは「さようなら90番」というタイトルの第873話。プロ野球福岡ソフトバンクホークスに所属する62歳のあぶさんがレギュラーシーズン最終戦に出場し、試合後、ファンに引退のあいさつをする−というストーリー。(ここまで引用)

結構頻繁に読んでいたのは、もうかなり昔になりますが、野球好きである私にはとても”あぶさんの生きざま”や水島新司先生の描き方の特徴である”リアルな部分との融合”が気にいってました。

本当に大昔になるのですが、南海ホークスからダイエーホークスに変わる頃のあぶさんが、私は一番好きでした。62歳で引退のあぶさんですが、今後はどうされるんでしょうか?できれば監督として球団に残って頂きたい?

実際のところ、あぶさん自体の漫画はどうなんでしょうか、”ドカベン”と”あぶさん”は水島新司先生の2台大作ですから、やっぱりやめて欲しくないですね、あぶさんの人生を最後までずっと描いて欲しいものです。にきび毛穴など独特の描き方はさすがです。
posted by ふさたろう at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。