2009年10月13日

最近の水道水はおいしい?


(読売新聞:引用)
宮城県大崎市鳴子温泉地区の水道水を詰めたペットボトル「鳴子の水」が脚光を浴びている。きっかけは9月下旬に放映されたテレビのバラエティー番組。ボトル詰め水道水の飲み比べで優勝し、「どこで買えるのか」などと電話が市に相次いでいる。もとは 湧水 ( ゆうすい ) で、その清らかさが魅力と映ったようだ。

しかし、このボトル、実は災害備蓄用。経費の都合から、一般販売はしていない。市は「鳴子の水道はみな同じ。遊びに来れば、存分に飲めますよ」。(ここまで引用)

確かに名水百選の水と変わらないくらい水道水も進化しているようです。濾過技術の飛躍的進歩により実現したもので、かつて臭い・飲めないといわれた大阪や東京の水が本当においしいんです。

当然、安全性だってまったく問題ありませんから、子供から大人まで、自由に蛇口をひねってグビグビ喉を鳴らして水をがぶ飲みしたいですね!!

逆に、○○の水と謳いながら、実は成分的にも品質的にも全く劣る、おいしい水も巷にはいっぱい存在します。あなたが飲んでいる水は如何ですか?

飲み水とは違うのですが、髪の毛が薄い人間には、この水大丈夫か?と本当に疑っていました、抜け毛が多くならないか?とか心配していました。(余談ですが、ハゲは些細な事まで気にします)
posted by ふさたろう at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。